あんちょびブログ

20代女子新婚。おすすめしたい旅行について、記事にしてます。趣味やグルメも♪

台湾一のフォトジェニックスポットの九份と一緒に行ってほしいランタンフェス。

 こんにちは。あんちょびです。

 

台湾といえば、九份!”ジウフェン”と読みます。

1989年に『非情城市』(台湾映画)のロケ地となり、話題に。さらに、日本で公開され大ヒットとなった、『千と千尋の神隠し』の舞台になったとも言われ、その場所は、世界中で有名となりました。

 

台湾に来たなら九份に行かなきゃと思い行ってきました~♪

しかし、台北駅から少し遠いところにあるのです。そのため、ここだけ行ってすぐ帰るのも・・と思い、九份に行ったら、ついでに寄ってほしいところも紹介しますね。

九份の行き方

●台北駅→(タクシー)→九份老街

所要時間:片道1時間未満

料金:1,200元(約4,200円)

※多少値段は変動します。またタクシー側から高くふっかけてくることもあるのでご注意を!

台北駅→(MRT坂南線BL)→忠孝復興駅→(バス1062番)→九份老街

所要時間:片道約1時間40分

料金:95元(約330円)※バス代のみ

バス停:忠孝復興駅1番出口近く、復興南路沿い。

 

夕暮れ時になるとバスは大変混み合います。

私は、電車で忠孝復興駅まで行くと、タクシーの勧誘に遭い、まんまと乗せられタクシーで行きました(・・;)

しかし1時間半以上バスで、さらに混んでいて立つ破目になることを考えると、タクシーの方がいいかもしれません。

 

この時ラッキーにも同じ日本人と相乗りし、一人500元くらいで行けた気がします。時間に余裕がある、安く済ませたい方は、バスがいいかもしれませんね。

おすすめの時間帯は夕暮れの一時間ちょい前!日没前になると明かりが灯り、幻想的な雰囲気に。 

九份の王道絶景スポット

豎崎路(シューチールー)


f:id:anna-05080508:20190324165208j:image

ここが、千と千尋の神隠しの舞台となったとされる有名な場所です。

急傾斜の石階段になっているメイン通り。え?なくない?と思ったら、階段を上る途中で、振り返ってみて♪

上の写真のような景色が広がります。

 

この地域一帯とても雨が降りやすく、私が行ったときにも突然雨が降ってきました。

九份に入る前に、レインコートを買うことをおすすめします!

茶藝館(チャーイーグアン) 

 景色とお茶を堪能できる茶藝館。都会から離れ、落ち着いたオシャレな雰囲気で、普段の疲れも吹っ飛びそう。

 九份老街(ジウフェンラオジェ)

 昔ながらの街並みが広がる商店街。ここでしか買えない台湾らしいおみやげが手に入るかも!?

 

 

夕焼けを満喫して、さぁ帰ろうと思ったら、大混雑!タクシーなかなかつかまらず・・なんてことも。。

日が沈みきらないうちにその場を離れるのがBEST!

 

私は、3時頃から行って、十分に観光し、提灯の明かりが灯ったらすぐ退散しました。それでも十分キレイな九份を感じられます。

 

九份行ったら寄ってほしいおすすめスポット

基隆廟口夜市(ジーロンミアオコウイエシー)

仁三路にある奠濟宮の周りに開けた夜市で、台北北部で最もにぎわう夜市のひとつ。黄色い灯篭がずらりと並ぶ様子は圧巻で、この夜市ならではの景観を作り出している。夜市の範囲は仁三路、愛四路で、仁三路の屋台は番号がついていてわかりやすい。新鮮な海鮮を使用した屋台料理はどれもおいしく、台湾一の美食夜市として知られている。

出典:基隆廟口夜市(台北)の観光スポット情報|地球の歩き方

交通アクセス

・台鉄「基隆」駅から徒歩約10分

・九份老街→(バス)→基隆

開館時間

17:00頃~深夜

平渓天燈祭(天燈節)(ピンシーテンダンサイ)

2020年は2月8日(土)に開催予定!

新北市平渓郷十分で、毎年、旧正月の15日(元宵節)に行なわれている行事。夜空に1回あたり200基ほどの天燈を一斉に打ち上げます。2017年からは別会場で秋にも開催されるようになりました。

「打ち上げ体験」なら、いつでも… 

単に「打ち上げ」だけなら、お祭り以外でも平渓線沿いのお土産店等で、個々単発に打ち上げることができます。お祭りの日にも、別の場所で打ち上げられたランタンが見えることがあります。

出典:笑顔の「にこまるツアー」

 

私もここの線路沿いにある、打ち上げ体験をしてきました。

思ったより大きくて、それぞれの思いを書いて飛ばすという素敵な風習。11月頃行ったので、人はかなり少なく、お祭りのような写真にはなりませんが、夜に行くと空に飛び立つ明かりがとっても幻想的でした。

 

私はそこで、全然予期していなかった、プロポーズをされました!照笑

面と向かって、願いをそれぞれ書くのですが、そこに

「結婚しよう!」と。。。多分泣きました。笑f:id:anna-05080508:20190407180742j:image

ここは本当に一生の思い出です。

もう一度、今度はお祭りのときにでも行きたいですね。

 

では、また。。

最後までありがとうございました。